インボラアップグレードして頂き、ビジネスクラスで香港に行ったお話

ANAダイヤモンドステータスを取得し初めて羽田空港国際線を利用しましたが、なんとなんとビジネスクラスにアップグレードして頂きましたヾ(。>﹏<。)ノ゙

前々からの憧れ。羽田空港国際線のANA SUITE LOUNGEを利用したい私。夜だけ開いているという噂の「DINING h」で食事がしてみたい私。特に用事があるとか、行きたいとか、そんなことは無く、ただ羽田空港を夜に出発する便で安かったからという理由で香港に行ってまいりました。

12/3(土)深夜0:55羽田ー5:00香港

12/4(日)深夜0:40香港ー5:30羽田

金曜日の夜及び土曜日の夜は機内泊。香港には1泊もせず、日曜の早朝に帰るという弾丸旅行です。(入国審査では何も言われませんでした)

dsc00257

ANAが香港のキャンペーンを行っておりまして、マイル加算30%(予約クラスL)ながら往復3万円というとても安いチケットを買うことが出来ました。

いつも羽田空港国際線はジョギングの最終目的地であったり、吉野家の限定お重を食べに来たり、はたまた展望台でいちゃいちゃするカップルを見に来たりとか

夜のHNDパトロール♡
羽田空港近くのホテルに宿をとっていたので、都内から直接ホテルに戻らず寄り道して羽田空港国際線ターミナルに遊びに来ていしまいまし...

不純な利用ばかり目立ちますが、今日は胸を張ってズカズカとやってまいりました。

ANAのダイヤモンドメンバーであれば、どんなにチープなチケットを買ってもファーストクラスカウンター(ANA SUITE CHECK-IN)を利用出来ます。

dsc00266

カウンターのお姉さま方からがっつり視線を浴びながらも、次はいつ来れるかわかりませんので、記念の写真を撮りまして、そのまま赤いカーペットに向かいます。かなり緊張しました。

実はこの時ちょっと期待していたのが、国際線で主に上級会員向けに突然発生するラッキーイベント「インボラアップグレード」

インボラアップグレードとは、ざっくり言うと航空会社の座席調整の都合などにより、無料で上位クラスにアップグレードして貰うことです。

航空会社としてはなるべく満席に近い状態で運びたいところではありますが、たとえ予約で埋まっていてもキャンセルが出たり当日来ないお客さんも居たりするのが現実。であればキャンセルを見越して多少多めに予約を受付、もし溢れてしまったら上級会員などを上位クラスにアップグレードしちゃおうというもの。

ちょっと前から私の乗る便の予約状況を見ていましたが、残念ながら満席という感じではなかったので、こりゃ希望は薄いなと思っておりました。

それでもチェックインカウンターで笑顔でニコニコ応対。「もし誰かをインボラしなきゃいけないなら、まさしくここにビジネスクラスが似合う男性が立っているんですよ」とアピールしましたが、普通にエコノミーのチケットを手渡され「うーむ、今日はエコノミー。往復3万円だしな」と納得。納得というよりは、当たり前ですよね。

その後保安検査、出国手続きを行い

dsc00268

さぁさぁ来ました。

dsc00281

羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGEです。

dsc00270

ANA SUITE LOUNGE内にある、19時半〜サービスが提供されるDINING h。

ここに来たかったんですよ、ここに!

dsc00272

dsc00277

dsc00278

シャンパンを注文し、なんとかかんとかを食べて、食べ足りないのでまた、別のなんとかかんとかを頂きました。メインディッシュお魚さん2つ!うまい!

毎度のこと度胸のない私なので、ラウンジをがっつり撮影することが出来ず、これぐらいしか写真を撮っておりません。

お腹いっぱい食べて飲んで、締めのスイーツなんかもお腹に入れ「もういいよ写真は」とやる気のない私

ラウンジは本当に至れり尽くせり。お客さんも沢山居たのですが、スタッフさんはひとりひとりのお客をちゃんと把握しているような感じです。

食事も美味しく、様々な座席の種類もありますから、DINING h の時間帯に羽田を利用するなら是非ヤフオクなどでラウンジ利用券を買ってでも体験すべきかと思います。

dsc00284

ラウンジには2時間近く居たはずなのですが、時間はあっという間に過ぎ、搭乗時刻になります。

いつもだったらとっくに寝ている時間。エコノミーの機内食もラウンジほどは期待できないので、機内では機内食も食べず、ずっと寝てようという作戦。首にはネックピローをすでにスタンバイさせておりました。

優先搭乗はせず、ぼーっと同じ飛行機に乗る同志がボーディングブリッジに吸い込まれていくのを観察しておりました。さてさて列も無くなったところで私も搭乗ゲートに向かい、パスポートとチケットを係員に見せましたら、なんと

「…◯◯様でいらっしゃいますね。本日こちらのチケットに変更になりました。」

あっさりと私のチケットが回収され、「C」マークのチケットに。突然のことで頭が真っ白。これは…あのインボラだ!!!!!

in

ええ、インボラのあとすぐのツイッターです。びっくり興奮騒がしいツイート!フォロワー様深夜に申し訳ありませんでした。

チェックインカウンターでもなく、ラウンジでの呼び出しやゲートでの呼び出しでもなく、この通過しようとするタイミングで!!

インボラっていつどこでどうなるかわかりませんね。

img_4753

まさかビジネスクラスに乗れるとは思っていなかったので大興奮です。

寝ようと思っていたのに、席に着くなりCAさんからご丁寧な挨拶のあと「食事はどうされますか?和食と洋食ありますよ。」と言われてしまい戸惑う私。

ほんの数分前までエコノミーで寝てやろうと思っていたので、心の準備が出来ていません。最後の方に乗ったのでそろそろ出発してしまうし、焦りました。が、

img_4763

寝る作戦変更。食べます。寝ててスルーされないよう起きてました。せっかくANAさんのご厚意で乗せて貰っているのに、寝るだけではもったいないです!ただラウンジで沢山食べたのにまた食べるんかいと(笑)なので食べすぎている自分の罪悪感が1ミリでも少なくなるよう洋食ではなく「和食(魚)」を選択。3回目の魚。魚魚魚。

このB767-300、香港行きのビジネスクラスはフルフラットになるシートではありません。

er

あえて偉そうに序列をつけると 国際線プレミアムエコノミー<国内線プレミアムクラス<このビジネスクラス<<<(超えられない壁)<<<フルフラットビジネススタッガード

↑ANAスタッガードシートの興奮が何度読んでも伝わってきまして、嬉しいことに私のブログも紹介して下さっています。ぜひぜひ!

ということで、せっかくビジネスクラスにアップグレードしてもらったのだから寝ることなんてもったいない!食事にシャンパンにビールだ!と、もうこの夜だけで何千カロリー摂取したのかというメタボ状態で香港に着きました。とさ。

20161203-dsc00395

ANAさん、その節は本当にありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします!!いつでも大歓迎です。

ちなみに帰りは待っていると搭乗ゲートで名前を呼び出しされ「え???!!!!またインボラ???やだ、困っちゃう♡」と意気揚々とゲートのスタッフの所に向かったら、「非常口座席なので緊急の際お手伝いお願いしますね〜♫」と言われ小さな紙を渡されただけでした。ちゃんちゃん。