SFC修行那覇ー羽田

体感時間が違う。はっきりとそう感じたプレミアムクラスでの羽田ー那覇便。普通席で羽田から那覇や石垣に向かうと、3時間近くかかり、それはそれは暇を持て余す。しかし、プレミアムクラスに搭乗すると食事をゆっくりたべたり、こうやってブログ下書きをしたり、好きなお酒を飲んだり、美味しいアイスクリームを食べたりと本当にあっという間に時間が過ぎる。もうちょっと乗っててもよかたっと感じるものになりました。

さて、画像は那覇空港のANAラウンジに鎮座しているミリオンマイラーへのタグ。しかも200万マイルだ。1年で5万マイル(これもものすごいことだが)を40年とは。

image

image

行きの那覇便は降下時もよく下の景色が見え、とても楽しめた。離島にかかる橋や美ら海水族館のビーチ(おそらく)。

image

ゆいれーるで近くを散策し、そのあとおなじみの空港食堂へin。パラダイス山元さんが著書で言ってたもずく餃子はやってなかったのか売り切れなのかわからないが、なかったので沖縄そばを注文。ソーキそばより安かったがソーキそばのほうがやはり満足度が高いかな。ソーキの分だけ。でも11時というお昼には少し早い時間でも、空港食堂はすごく混雑していた。また寄りたい。

image

そしてANAラウンジに。ここははっきり言って狭い。DIA様のスイートラウンジができたからいいものの、まだまだ狭い。ラウンジの男子トイレで並ぶとは思わなかった。大のほうが1個だけ。早急に拡張したほうがいいと思います。

そして、この工事現場は那覇空港の拡張工事。滑走路とあわせて2020年には完成とのことで、これが完成するとそれはそれはもうすばらしい空港になることは間違いないだろう。たぶんANAのラウンジも大きくなると思う。

image

200万マイルとは言わず100万マイルぐらいは目指してみたい。しかし遥か遠いな。

今回は今までの人生で一番濃密に飛行機に乗っている。土曜日1レグ、月曜日4レグ、火曜日2レグ、水曜日3レグ。その中で気づきもあった。まずは座席指定の大事さだ。短距離便ならいいとしても長距離便はトイレの近くの通路側は落ち着かない。そして機内での格好だが、基本的にリラックスできるようにゆったりした格好でブランケットを借りて防寒対策&スリッパ持参か靴下丸出しスタイル。これだけで快適さは全然違う。

今日をもってANAの平会員はとりあえず終わる。一番下っ端からの解脱だ。ブロンズになる。たいしたものではないが、とりあえず平会員は終わりだ。座席指定の範囲がひろがったり、マイルがたまりやすくなったり、乗るときに改札音が違ったりする。はやくカード届かないかな。それよりもはやくリモワ届けよ(笑)

ということで以上。