ちょっとビールだけ飲みに行ったって、全然いいと思います!阿嘉島(3)まじ天国ぱねぇす

阿嘉島の素晴らしさに感動し、3連続の記事。今回は阿嘉港の周辺を散策して、帰ります。

「ケラマブルー」に感激!阿嘉島(1)東京から日帰りも可能です
先日沖縄に滞在した際に、日帰りで阿嘉島に行ってきました。 初めての訪問でしたが那覇から4000円ちょっとで往復出来て、なにより...

日本の南の島の東側にある北(ニシ)浜ビーチって 阿嘉島(2)
今回は修行僧にもおすすめ阿嘉島訪問記第2回目です。 前回がこちら 自転車も借りたことだし、さっそくビーチに行ってみましょう! ...

行きの船でもコンビニで買った缶のオリオンビールを2本、ケラマブルーをおつまみにグビグビやっていたわけですが、阿嘉島で飲ませていただいたビールも最高でした。

まずは阿嘉島の集落が見渡せるような丘に登りましたので、まずはその写真から。
DSC05162
向かい側は慶留間島になり、左に見える慶留間島と結ぶ橋の上からの景色は本当に絶景でございます。

DSC05120
おそらく慶良間諸島に生息するケラマジカちゃんのマンホール、今回ケラマジカを拝むことはできませんでした。今度リベンジ!夜行性なのかな。

DSC05123

DSC05136

DSC05158

DSC05160

DSC05140

集落を散歩すると、沖縄に来てるな〜と強く感じました。

コンパクトなので、簡単に歩いてまわれます。可愛い島です。

私は沖縄の離島で言えば石垣空港から出たことがなく、また他の離島などは足を踏み入れたことさえないので、こうゆう島の集落の小道を散歩するのが夢でした。とっても楽しかったです。

ふと道路の十字路などで海側を見ると、ちょこっとだけケラマブルーの海が顔を出します。

DSC05152

暑すぎるので、歩いているのは観光客だけ。欧米人率高し。

DSC05172

↑上半身裸の自転車連中。「お兄さんいい写真撮れましたか?」と声をかけて下さいました。

民宿にとまって阿嘉島を満喫しているグループでしょうか、いいですね。青春です。

また軒先で涼んでいるおばぁや民宿の従業員の方に通りすがりに挨拶をすると、みなさんにこやかに接してくださいます。

DSC05165

素晴らしい素晴らしい!・・・けど、暑い・・・

DSC05148DSC05143

熱中症にならないようにたまたま寄った「はぁなcafe」さんでビール休憩(笑)

サーバーから注がれるビールは格別の味です。素晴らしい海を眺めながら、最高の環境でビールを飲める。もう天国でございます。肝臓もウッキウキです。いつ死んでもいい。

ここに東京から日帰りで来れるんですよ!ほら東京の人、明日の便予約しちゃっていいんですよ!

このお店は料金も良心的ですし、暑ければ中にもクーラー付きで涼むところもあり、おすすめです。食事もソフトドリンクもあるようです。

お会計は先払いでも後払いでも。私は何杯飲むかわからなかったので、後払いにしましたが、お店のお母さん、掃除しにどこかに行ったりして居なくなるのです。トイレも屋内にあります。

DSC05144

外国人カップルもここでのんびり過ごしていました。

DSC05178

さて、ニシバマビーチまでいかなくとも、集落の目の前には素晴らしいビーチがありまして

DSC05132

DSC05182

透明度は抜群なのであります!

ニシバマビーチに行ったり、こちらの集落を散策したり、ビールを飲んだりしているとあっという間に時間は過ぎ、那覇に帰る船がやってきます。

DSC05259

DSC05274

このフェリーは座間味島から阿嘉島に寄って那覇に帰ります

DSC05285

阿嘉島さよなら・・・

DSC05290

阿嘉島で乗船したお客さんは座る場所さえほとんどありません。座間味島人気ですね。

DSC05291

阿嘉島ありがとう!

日帰りでも十分楽しめる場所でした。那覇とは海の色がまた格別に違い、人も少なく、のんびりできました。

カップルで来ても良し、家族連れで来ても良し、修行の合間に来ても良し、会社に疲れたら来ても良し、また明日から頑張るぞー!の元気を貰えます。

ただ、様々な施設が整っているわけではないので、しっかりと準備をしていくことは必要です。

食料品、お菓子、そして飲み物(これは大事)、着替え、タオルなどなど、現地で調達すればいいやーと考えると苦労しますので、用意できるものはなるべく持って行きましょう。

帰りの船は皆おやすみタイム。

DSC05318

DSC05304 DSC05309

帰りもこの素晴らしいケラマブルーの海を堪能

DSC05325

1時間半で大都会那覇に戻ってきました。

何度も何度もしついこいのですが、午前中行って夕方帰ってこれる阿嘉島。フェリーであれば料金も往復で4000円程度。それで、那覇とは違う離島の素晴らしさを満喫できます。ぜひおすすめです。

那覇の泊港からは他にも離島への便が出ているので、これからも色んな島に上陸したいと思います。もちろん修行僧として飛行機での離島めぐりも今後の楽しみに。

那覇本土には何回も行って、行く場所がお決まりのルーティンになっている方などはぜひぜひ、日帰りでこうゆう旅もおすすめでございます。

「ケラマブルー」に感激!阿嘉島(1)東京から日帰りも可能です
先日沖縄に滞在した際に、日帰りで阿嘉島に行ってきました。 初めての訪問でしたが那覇から4000円ちょっとで往復出来て、なにより...

日本の南の島の東側にある北(ニシ)浜ビーチって 阿嘉島(2)
今回は修行僧にもおすすめ阿嘉島訪問記第2回目です。 前回がこちら 自転車も借りたことだし、さっそくビーチに行ってみましょう! ...