徹底検証:日本とドイツで買う時の『RIMOWA』各モデル価格比較!

2017年4月23日 新規投稿

2017年4月25日 価格更新 日本とドイツの電子タグ付き、電子タグ付きではない価格を併記

 

こんにちは!日本全国1億2千万のRIMOWAファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今回日本とドイツで買うのでは、果たしてRIMOWAの価格差はいったいどれぐらいなのか。各モデルごとに検証してみました。

世界中のRIMOWA直営店で取り扱っている通常のモデルと、ドイツの主要空港内で購入出来るルフトハンザ航空コラボモデルをそれぞれ検証です。

検証の前に注意事項↓

1・日本の値段は『林五』から(RIMOWAの人曰く日本で電子タグ付きは1万円+消費税上乗せ)、ドイツの値段は通常版は『リモワ(ドイツ語版)公式』『koffer(スーツケース屋さん?)』ルフトハンザ航空コラボモデルは『WorldShop』から調べました。(それぞれクリックするとHPに飛びます)。価格は変更になることがあります。分かり次第随時更新する予定です。

2・日本の価格は税込みです。

3・ドイツの価格に関しては、ヨーロッパ在住でない我々観光客に対して付加価値税の払い戻しがあります。これがおよそ10%ほど。私が過去ドイツで3回RIMOWAを購入した際も、10%ほど還付を受けています。(499€のもので49€、849€のもので88€など)

なので、還付されたと仮定してあらかじめドイツの販売価格からさらに10%引いた金額(約◯◯◯€と表記)でドイツの価格を出していますのでご注意を。

4・また為替レートに関しては現在1€(ユーロ)=116円〜118円なので、クレジットカードで購入する場合このレートにいくらか事務手数料が乗っかってきます。ということで、キリの良い1€=120円で計算しました。

5・電子タグ付きモデルは『Eタグ』と表記しています。そうでなければ電子タグ付きモデルではありません。

そもそも電子タグ付きのRIMOWAとは???

やじり鳥さんのブログ記事を参考にさせて頂きました。

電子タグは今のところ「ルフトハンザ航空」と「エバー航空」のみ対応しており、今後順次対応する航空会社は増えると思います。

専用のアプリを使い、タグを表示させたり、また白黒ですが、自分のイニシャルを表示させたり、撮った写真を載せたりできるようです(RIMOWAの人談)。まだ自分も持っていないのでよくわかりません。

値段ははっきり言って電子タグ付きではないほうが安いです。自分のRIMOWAに電子タグがいるかどうか判断して買いましょう。

6・RIMOWAが安く買えると評判のミュンヘン『ヘッツェネッカー』のお店の値段ではありません。ヘッツェネッカーに行き、欲しいモデルがあれば、今回検証する値段よりも更に安く買えると思われます。

7・主なシリーズだけ検証しました。価格の更新とともに検証するシリーズも順次増やしていく予定です。

8・ドイツ価格は安いけどドイツには行けない!という方。個人輸入という手段があるそうです。

通常版

通常版は日本では直営店や正規取扱店で販売されています。

ドイツでは直営店、街中のデパートやスーツケースを売っている正規取扱店、また空港のスーツケース売り場にも売っています。

ドイツで買ったとしてもギャランティカードはちゃんと貰えますし、日本で5年の無料補償も適用されます。

TOPAS

まずはRIMOWAの一番有名なモデル。TOPASからです。

電子タグ付きは『Eタグ』と表記しています。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
26L10万8000円約557€6万6840円
32L10万8000円約620€7万4400円
45L11万3400円約629€7万5480円
64L12万9600円約620€7万4400円
67L (Eタグ)14万400円約719€8万6280円
82L14万400円約647€7万7649円
82L (Eタグ)15万6600円約764€9万1680円
85L14万5800円約665€7万9800円

26Lはビジネスマルチホイール(4輪)というモデルで若干形が違いますのでご注意を。

32Lは4輪の機内持ち込みサイズです。2輪モデルも存在します。

3万〜6万ぐらいの価格差。日本では10万円超えからになりますが、ドイツで買えば2桁いかないのはいいですね。

TOPAS 自分のと分かるようにハンドルを黒(ステルスのもの)に交換してます。

TOPAS STEALTH

TOPASの黒バージョン。ステルス。黒い塗装は若干剥げやすく(RIMOWA社が意図してそうした加工をしてるそう)、それがまた使っていくうちにいい味を出してきます。

もともとはユナイテッド・アローズの別注品だったのですが、その人気ぶり?からRIMOWAが通常のモデルに採用したのだとか聞きました。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
32L11万8800円約764€9万1680円
45L12万9600円約773€9万2760円
64L14万400円約782€9万3840円
67L (Eタグ)
15万1200円約890€10万6800円
82L15万1200円約917€11万40円
82L (Eタグ)16万7400円約935€11万2200円
85L15万6600円約827€9万9240円

ステルスはドイツでも高級品。32Lモデルの値段で、TOPASなら82Lのが買えてしまいます。2万円後半〜5万円ほどの価格差ですね。

CLASSIC FLIGHT

昔ながらのレトロな雰囲気を醸し出すクラシックフライト。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
33L10万2600円約485€5万8200円
60L11万3400円約512€6万1440円
76L11万8800円約539€6万4680円
85L12万4200円約557€6万6840円

4万円から6万円ほどの開き。TOPASやTOPAS STEALTHよりも、小さなモデルから価格差の乖離が目立ちます。

SALSA

お次はポリカーボネート素材のサルサ。色は光沢のないマットなもので4種類展開があります。

価格もTOPASシリーズより手頃で、かつ軽く、色も落ち着いているので、ビジネスマンやCAさんから大人気。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
32L5万9400円約386€4万6320円
47L6万4800円約386€4万6320円
58L6万8040円約386€4万6320円
63L (Eタグ)7万8840円約476€5万7120円
78L7万3440円約404€4万8480円
87L7万5600円約413€4万9560円
87L (Eタグ)8万6400円約503€6万360円

TOPASなどのモデルよりも価格差が少なく、1万円〜2万円後半ぐらいのものでしょうか。

SALSA DELUXE

サルサの上位モデル。若干各々のパーツがサルサと違い、表面は光沢、各色とても綺麗で4色展開。ビジネスはもちろん、旅行で使っても、パッキングからかなりテンションが上がります。

ケース前面にポケットがついているタイプとついていないタイプがありますが、今回はついていないタイプの価格で検証です。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
32L7万5600円約449€5万3880円
47L7万8840円約449€5万3880円
58L8万1000円約449€5万3880円
63L(Eタグ)9万1800円約539€6万4680円
78L8万6400円約467€5万6040円
87L8万9640円約476€5万7120円
87L(Eタグ)10万440円約566€6万7920円

先ほどのサルサよりは価格差が出てきました。2万円〜3万円の開き。

ケルンのRIMOWA本店で買ったのはこのモデルです。えへへ。

SALSA AIR

サルサエアー。リモワシリーズの中で一番軽いモデル。

値段もリモワにしては手頃。色は5色展開。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円
33L5万4000円約341€4万920円
65L5万7240円約359€4万3080円
80L6万480円約386€4万6320円

サルサエアーの機内持ち込みサイズならドイツで4万円ぽっきり。

ただハンドルがT字なので、ハンドバッグなどをひっかけられないのでご注意を。

大きい容量のものを買って沢山詰めてもサルサエアーは非常に軽いので、一般的な23kgの無料預け入れ重量範囲内に収まりやすいです。

左側サルサエアー80L わずか3.3kg。例えば比較として、TOPASの82L(Eタグ)が6.9kgなので、軽さは半分ほど。

LIMBO

サルサデラックスよりもちょっといいモデルでしょうか。ポリカーボネート素材ですが、上部の隅っこがアルミで補強されており、ロックもファスナーでありません。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円
32L8万6400円約530€6万3600円
45L9万720円約530€6万3600円
60L9万5040円約530€6万3600円
60L (Eタグ)10万5840円約629€7万5480円
87L10万3680円約557€6万6840円
87L (Eタグ)11万4480円約656€7万8720円

LIMBO ナイトブルー

ルフトハンザ航空コラボ版

次はルフトハンザ航空コラボモデルです。

こちらはフランクフルト・ミュンヘン・デュッセルドルフ・ベルリン・ハンブルク空港にある『WorldShop』というお店で購入することが出来ます。

日本では販売していないので、日本の価格はルフトハンザコラボではなく通常版の価格を参考までに表示しています。

通常版との違いは主にルフトハンザ航空のマークがついていることと、中の色が違うことです。

↑先日、知り合いのためにデュッセルドルフ空港内「WorldShop」で買ったルフトハンザ航空のコラボモデルのトパーズステルス。写真もお借りしました。

TOPAS

通常版のTOPASは中が青でしたが、こちらは黒に近い色のようです。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
32L10万8000円約620€7万4400円
45L11万3400円約656€7万8720円
64L12万9600円約638€7万6560円
67L (Eタグ)14万400円約728€8万7360円
82L (Eタグ)15万6600円約764€9万1680円
85L14万5800円約674€8万880円

日本の販売価格は通常版のものです。ご注意下さい。32Lと82Lモデルはドイツの通常版と同じ価格。45Lと64Lは若干コラボモデルが高いですが、そこまでの開きはありません。

TOPAS STEALTH

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円
32L11万8800円約737€8万8440円
45L12万9600円約782€9万3840円
64L14万400円約782€9万3840円
67L (Eタグ)15万1200円約890€10万6800円
82L (Eタグ)16万7400円約935€11万2200円
85L15万6600円約827€9万9240円

32Lと45Lモデルはドイツで通常版を買うより安くなっています。

CLASSIC FLIGHT

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円換算
33L10万2600円約485€5万8200円
60L11万3400円約530€6万3600円
76L11万8800円
85L12万4200円約557€6万6840円

76Lモデルは値段が探せませんでした。

やはり安いですね。クラシックフライトは無理してでもドイツに行って買うべきです(笑)

LUFTHANSA AIRLIGHT PREMIUM COLLECTION

ルフトハンザ航空コラボモデルには「サルサ」や「サルサデラックス」と同じモデルが無かったので、ポリカーボネート素材のこちらのモデルを参考にしました。

サイズ日本ドイツ(免税考慮)1€=120円
32L5万9400円約395€4万7400円
47L6万4800円約413€4万9560円
58L6万8040円約404€4万8480円
63L (Eタグ)7万8840円約503€6万360円
87L7万5600円約422€5万640円
87L (Eタグ)10万440円約521€6万2520円

日本の価格はサルサの値段です。価格差は結構ありますが、このルフトハンザのモデルと日本の参考価格のサルサは若干形状が違いますのでご注意を。

まとめ

TOPASやTOPAS STEALTH、CLASSIC FLIGHTなどのアルミのモデルは価格差が大きい。とくに60Lを超えるTOPASやTOPAS STEALTHのお得感は半端じゃありません。ポリカーボネート素材はアルミのモデルほど価格差はないものの、やはりお得に買えますね。

RIMOWAを買うためにわざわざドイツに行くべきとは言いませんが(いや行くべきです。行きましょう!)、ヨーロッパ旅行の計画に1日でもドイツ滞在を入れるとか、トランジットでドイツの空港にいれる時間をつくるとか、親戚知り合いにドイツに行く人がいればちょっとお願いしてみるとか(買ってきて貰った際に手厚くお礼してもまだ日本との価格差を考えればお釣りが来ます)、してみてもいいと思います。

まだまだ書きたいことが山のようにありますが、随時書き加えたり価格を更新するつもりなので、また気になったらこの記事に寄っていただけると幸いです。

※リンク

リモワ正規販売店林五 リモワの大体の価格がわかります

日本語版リモワ公式ホームページ

ドイツ語版リモワ公式ホームページ ドイツでのリモワの価格がわかります

イギリス版リモワ公式ホームページ イギリスでのリモワの価格がわかります

英語版WorldShopリモワ販売ページ ルフトハンザモデルコラボモデルを調べられます

免税手続きについて(ルフトハンザ航空) フランクフルトとミュンヘンの空港での免税手続きについて

 

ケルンの本店とデュッセルドルフ空港でRIMOWAを買った話

聖地RIMOWAケルン本店訪問とドイツでの購入について
ドイツのケルン訪問2度目にして、やっとRIMOWA本店に入ることが出来ました( ´∀`) 自称RIMOWAマイラー。RIMOWAの無い旅など考えられ...

 

直営店の定価よりも安く買えると話題のミュンヘンにある「ヘッツェネッカー」に行った話。

初めてのミュンヘン。観光?しません。ひたすらRIMOWA放浪記。
素晴らしいミュンヘンの新市庁舎。世界中から観光客が集まっておりましたが、極東の小さな島国から来た自称RIMOWA馬鹿は観光しません。...